GODAフルーツ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by 2014.04.30 Wednesday | - | - | permalink
福島牝馬S(G3)
2010年4月24日(土)
第7回福島牝馬ステークス(G3)

毎回荒れている福島牝馬ステークス。
血統編
種牡馬
ステイゴールド
オペラハウス
マヤノトップガン
ホワイトマズル
いかにも小回り得意そうな種牡馬がズラリですね。サンデー系はここでは標準になってしまいます。
BMS
アンバーシャダイ
ブライアンズタイム
サンデーサイレンス
トニービン
まで。

枠番編
10番枠より外は苦戦傾向です。やはり小回り特有のコーナーワークがものをいうため、インで位置取りがしやすいところが有利というところでしょうか。
1−2−9−7−3−4あたりは有利でしょう。

コース対応戦績(独自)編
アルコセニョーラ A
ウエスタンビーナス E
ウェディングフジコ A
カレイジャスミン C
コロンバスサークル A
ショウナンラノビア D
ジェルミナル D
ダイワジャンヌ C
ダノンベルベール データ無C評価
チェレブリタ B
ピエナビーナス D
フレンチノワール D
ブライティアパレス C
ブラボーデイジーA
マイネレーツェル E
ムードインディゴ D
レジネッタ C

ここまでの総合
△アルコセニョーラ ステイゴールド 血統A 対応A
福島では好走しているが、今まで走ったのは斤量が軽いときのみ。斤量が重いときは前がとまりそうな時計がかかって展開がむけばくる。今回56繊

△ウエデイングフジコ フジキセキ 血統C 対応C
中山牝馬Sで粘って走っていただけに、ここは見限れないし近走が好調。ただコースがフジキセキ産駒がさっぱり。斤量も増でここは少し割引が必要かもしれない。

☆カレイジャスミン  タヤスツヨシ 血統C 対応C
レースレベルが1000万下以下のため対応がどうかだが、福島はわりと走っている。ただ絶対的にこれといったものはない。斤量が去年より減であるが入着までとみる。

▲コロンバスサークル ホワイトマズル 血統B 対応B
中山牝馬Sを差のない4着。中山で走る馬はここの小回りも得意で中山1800〜2000を中心に使っているこの馬にはチャンスだと思う。斤量は54繊

○チェレブリタ ブラックホーク 血統C 対応B
平坦コース得意と中山牝馬Sを3着。福島1800Mでも勝利経験があります。

◎ブラボーデイジー クロフネ 血統C 対応A
福島での実績があるのと、前走はトップハンデで差のない競馬。厩舎も音無。スタートだけが鍵。


posted by 2010.04.20 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
ブログパーツ