GODAフルーツ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by 2014.04.30 Wednesday | - | - | permalink
<< 菊花賞 | main | 天皇賞秋 枠順決定 >>
菊花賞をふりかえる
 菊花賞G1 結果

やっぱりというか荒れた菊花賞。リーチ、アンライと春の実績馬がこけて、さらにあがり馬のナンバーワンの前評判だったイコピコも差して届かずの4着。

勝ったのは、スリーロールス


買わなかった理由は以下の理由から

1. 2200m戦以上で連対していない。
2. 1800m以下の重賞で連対していない。
3. 前走が1800m戦であまりに強い勝ち方。
4. 騎手が濱中で厩舎もマイナー。

京都に内枠で、シェーンバルドがくるんじゃないかと思ったが、距離適性がなかったように思う。


ちょうど一年前の今日の新馬戦に

4回京都6日 5R 2歳新馬

リーチ、アンライ、ブエナ、そしてこのスリーロールスも出ていたんですね。同じ新馬戦からクラシックホースが3頭もでることは史上初だそうです。このレースは映像でみるとわかりやすいのですが、4着にスリーロールスが入ってはいるものの、リーチ、アンライ、ブエナは後続をかなり引き離しています。
皐月では、この新馬戦が最後まで気になり、アンライバルドの単勝で勝負しましたが、このドラマが最後の菊花賞まで続くとは・・・。伝説の新馬戦ですね。


JUGEMテーマ:まったり競馬
posted by 2009.10.26 Monday | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
スポンサーサイト
posted by 2014.04.30 Wednesday | - | - | permalink
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
トラックバック機能は終了しました。

コメント










ブログパーツ