GODAフルーツ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by 2014.04.30 Wednesday | - | - | permalink
<< 荒れる秋の重賞戦線 | main | シャラナヤ >>
ベッラレイア
ベッラレイア 牝

父ナリタトップロード
母マリスター2(Baldski)

厩舎 平田 修

通算成績 17戦3勝

主な勝鞍 フローラS

主戦騎手 秋山真一郎

ベッラレイアが惜しまれつつも引退。ウォッカ、ダイワスカーレットと3強といわれたトップロード産駒。トップロード産駒の活躍馬はこの馬ぐらいだし、トップロードは死んでしまったので、繁殖にあがってもいい仔を産んでほしい。
この馬は度肝を抜かれたフローラS。東京コースで前が壁になりさらに外に出して、猛然とスパートし届かないと思われた位置から差しきり勝ち。このレースを生で見ていましたが、とんでもない脚です。ジリ脚だったトップロードとは違い、貯めたらとんでもない脚で飛んできた。そんな馬でした。
オークスではウォッカがダービーへ、そしてスカーレットが回避し、大本命で乗り込んできたが、秋山の慎重すぎる騎乗か、それともこの馬の宿命かローブデコルテに内から差され、2着。秋華賞も直線の短い京都内周りコースで最後方で4角を回り、32.9の鬼脚で4着にきた。
その後腰を痛め、さらに確勝のレースでことごとく大雨になるなど、勝ちきれなさがトップロードと重なりとにかく運がなかった。このときに賞金加算していれば・・・・。


掲示板をほとんど外さず、いつも人気を吸い、こないというレースが続いた。トップロードが最後にもう一花咲かせたように頑張ってほしかったが・・・。


血統的に、サッカボーイの血をひく世界的にみても貴重な馬。サンデー系もOKなだけに、次世代に期待が膨らむ。ウォッカ、スカーレットの仔をベッラレイアの仔が追い込みで勝つそんな光景を見てみたい。















JUGEMテーマ:東京競馬
 
posted by 2009.11.09 Monday | comments(1) | trackbacks(0) | permalink
スポンサーサイト
posted by 2014.04.30 Wednesday | - | - | permalink
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
トラックバック機能は終了しました。

コメント

私はそうは思いませんよ?

http://tinyurl.com/ylz37oq
by | 2009/11/09 11:31 PM









ブログパーツ