GODAフルーツ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by 2014.04.30 Wednesday | - | - | permalink
<< 為替デリバティブは青天のポーカー2 | main | 中国元が切りあがらない理由 >>
高校野球 2回戦 開星対日大三 8−11 試合終了
阪神甲子園球場
全国高校野球選手権大会 2回戦

開 星0000420020/8
日大三302006000×/11

開星 白根−森−白根
日大三 吉永

2回戦屈指の好カード。吉永投手と白根投手の投げ合いかなぁと思ったが、乱打戦に。
両投手ともストレートは140越えなのだが、打者が振り負けず甘い球は痛打されていた。
開星の3・4番白根選手・森選手の身体能力は見ただけですごい。白根選手は5打数4安打。
森選手はバックスクリーンに外角の球を一発。
キャラクターもさることながら、勝敗は別にしてスケールが大きかった。
1回から審判のストライクゾーンが辛めで、両投手とも変化球でカウントを取れずに投げげにくそうだった。

予選から見ていて思うのだが点を取れるときに取るのが強豪高。日大三は確実に得点していく。最後の3点はその差だったと思う。

posted by 2011.08.14 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
スポンサーサイト
posted by 2014.04.30 Wednesday | - | - | permalink
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
トラックバック機能は終了しました。

コメント










ブログパーツ