GODAフルーツ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by 2014.04.30 Wednesday | - | - | permalink
<< 2012ビクトリアマイル G1予想 | main | 2012ダービー回想 >>
2012 東京優駿G1
東京優駿出馬表
1-1 スピルバーグ(牡3、横山典弘・藤沢和雄)
1-2 ヒストリカル(牡3、安藤勝己・音無秀孝)
2-3 ゼロス(牡3、川田将雅・領家政蔵)
2-4 ジャスタウェイ(牡3、秋山真一郎・須貝尚介)
3-5 ベールドインパクト(牡3、藤岡佑介・大久保龍志)
3-6 ゴールドシップ(牡3、内田博幸・須貝尚介)
4-7 コスモオオゾラ(牡3、柴田大知・高橋義博)
4-8 ワールドエース(牡3、福永祐一・池江泰寿)
5-9 エタンダール(牡3、松岡正海・藤原英昭)
5-10 ディープブリランテ(牡3、岩田康誠・矢作芳人)
6-11 フェノーメノ(牡3、蛯名正義・戸田博文)
6-12 トリップ(牡3、田辺裕信・松田博資)
7-13 クラレント(牡3、小牧太・橋口弘次郎)
7-14 トーセンホマレボシ(牡3、C.ウィリアムズ・池江泰寿)
7-15 ブライトライン(牡3、佐藤哲三・鮫島一歩)
8-16 モンストール(牡3、柴田善臣・尾関知人)
8-17 グランデッツァ(牡3、池添謙一・平田修)
8-18 アルフレード(牡3、武豊・手塚貴久)
JUGEMテーマ:東京競馬

最近は、力が抜けてどうでもよくなっているせいか、バジュラッシュを引いたり、ラージャンBONUSやデビルフリーズを引いている。乗りにのっているので、ここも取りたい。

まず本命は
ゴールドシップ
競馬に絶対はないが、この馬は確実に強い。このブログで3月のはじめに書いた記事で3歳で一番強い競馬をしていたのは、ゴールドシップとアドマイヤブルーと書いたと思う。クラシック牡馬
今年の共同通信杯はおそらくステップレースでは一番レベルが高く、他の重賞の札幌2歳SとラジオNIKKEIも相手強力で好勝負。スローでも、後方でも、前目でも競馬できるタイプのゴールドシップは、オルフェーブルとかぶる。騎手は内田でフラグが立っている。非社台で、応援したくなる人も多いはず。

2番手はディープブリランテと3番手はスピルバーグ

他考察
調教はダービーに限っては、一旦緩めてから騎手が2週一杯に追ってくると、凡走のケースが高いため、ワールドエース、ヒストリカルはこの点で少し疑問点が残る。


こっからはオカルト。
穴馬はトリップ、フェノーメノ、ディープブリランテのような気がする。
トリップは不気味。調教をこれでもかってぐらいやっているし・・・。
ワールドエースは、池江厩舎が近頃ついてないように見えるのと、4枠のダービー勝ち馬を最近見ていないのと福永がダービーってイメージにないという完全なオカルトになるが、人気だろうし買えない。直結コースのきさらぎ賞を勝っているし、社台だし、きそうだけどここは買わない。そうなるとセットのヒストリカルはどうかだけど、いちおうこっちは抑えにする。内枠だし。グランデッツアは、買いたいけど、池添がここのところ負のオーラ全開で・・。ていうか秋山乗せてほしかったよ。


posted by 2012.05.24 Thursday | comments(0) | trackbacks(3) | permalink
スポンサーサイト
posted by 2014.04.30 Wednesday | - | - | permalink
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
トラックバック機能は終了しました。
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2012/05/25 12:38 AM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2012/05/25 2:23 AM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2012/05/25 12:35 PM

コメント










ブログパーツ